スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

連休

 長い休みでしたが、なんとなく過ぎてしまいました。
 少し体調悪くしていたというのもあります。
 
 あんまりお酒も飲まないようにしてました。

 なでしこの録画を観たりしてました。

 新しいテレビは優秀すぎて、キーワードだけでどんどん番組を録画してくれてます。
 
 それにしても
「日本は女性の方が強い」という論調にウンザリ。
「女子に比べて男子はダメだ」とかいうのもおかしい。
「これからは女性の時代」って、20年くらい前から言ってないか。
「だから政治も女性に」まったく意味わかんないわ。

 もっとシンプルに「日本サッカーは強くなったね」じゃダメですか。
 優勝したから女子は優秀で、だから男子はダメ〜というの、おかしいと思うんだけど。
 普通に男子も強くなったと思うんですけど。 
 ……強いよね。負けなしだよね?

 私はずっと女子に肩入れしてきたし、男子より女子のが詳しいかも知れない人間ですが、岡田ジャパンのチームは素晴らしかったと思ってるし、今のザッケローニさんのチームも雰囲気も戦績もいい。
 そういう「男子は女子を見習え」って言わなきゃいけないほど弱いとか情けない、男子代表だとは思ってないです(過去の男子代表には、思わなかったわけではないけど)。
 
 いちいち男子を比較して落とされると反論したくなるなあ。
 そりゃなでしこの健気さや、アメリカにとっては信じられないくらいの諦めの悪さ? とか、同じ日本の女性として(まあ自分が女だっていうくらいしか共通点がないんだけど)誇らしいなあとか、思ってしまうけども。
 今の男子チームをけなす理由には、ならないと思ってるんだけど。


 決勝後、日本のテレビのインタビューに答えてくれたアメリカのワンバック女史が素敵すぎます。目がキラキラしていて、すごい迫力なんだけども、友人である澤を讃える姿に、思わずファンになってしまいました。いや敵としては怖いままなんですけど。目の前にいたら、逃げたくなるくらい怖いですけど。
 でも負けた試合のレビューなんて何度もやらされて面白くないだろうに、人格者ですね。
 関係ないけど背番号、20番なんだ……。

 なんかねえ。アジアで開催される大会で、選手や関係者や応援に行ったサポーターが危機にさらされたり、いちいちギスギスするような目にあってきたこと考えたら、ドイツもアメリカも、選手や地元の人達は紳士的で、それだけでも心が温かくなる、いい大会でした。

 何冊も特集の雑誌を買いました。
 やっつけみたいなテキトーな写真集はパス。女性なんだからやっぱり画質がいい写真があって、ちゃんとインタビュー記事が載ってるようなのがいいです。
「これ買ったっけ?」とか「これはいらない」とか、こんなに迷う日がくるなんて。
 長年女子を扱ってきた人の本も出るし、写真家の人の本も出して欲しいなあ。
 

 次は五輪かあ……。
 W杯より、出場が難しいんですよね……。しかも中国かあ。
 ちょっと不安だなあ。いや私がネガティブなのはいつもなんですが。


 追記

 やったー! さっそく発売されるみたいです!
 
 
 
日々野 真理
ベストセラーズ
¥ 1,365
(2011-09-01)

Author: かのこ
管理人の日常 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
こんにちは!・・・ロクにサッカーのこともしらない私ですが、女子の優勝を受けて、男子をけなすことに“??”というかのこさんのコメントに、ちょっと共感したので、足跡を残そうかと思いまして(笑)。 ・・・とはいえ。そんなこと言いながらも、近頃の男(サッカーチームのことではない)はだらしない!とムカついたり、女性が特別視されることには疑問を感じつつも自分で“オンナだし〜”と言い訳してしまうこともあったりして、自分の中でも矛盾だらけ。“男女”を語るとき、気分はフクザツです。 ・・・本当は、「オトコ」とか「オンナ」ではなく、個人として、とか、(競技だったら)チームとして、語るべきなのかもしれませんね。以上、自らへの反省もこめつつ(笑)。 
 話は変わりまして。長年応援し続けてこられたチームが脚光を浴びて、関連する資料がどんどん増えるのは、嬉しいことでしょうね!何となくそのワクワク感は、分かるような気もします。是非楽しんで、素敵な記事とかがあれば、そのエッセンスなどご紹介いただけると嬉しいです。
comment by: れこ | 2011/08/22 7:16 PM
 私の呟きというか、ぼやきにお付き合いいただいてありがとうございます。
 元々男女の種目で比較して落とされてきた為か、逆に他方がけなされるのも理不尽に感じます。政治家や女性フェミニストが「女性の時代」「男はダメ」「ぜひ国会に」と、男子選手及び男性を下げるのみならず、女性選手まで自分レベルに落としたり威張るのもムカつきます。まあ私もサッカーわかってるかというと相当怪しくて、ミーハー寄りです。
 女子サッカーを応援して、長年と言っていいのかはわかりませんが。それでも予想していたよりも、最高の結果を得るのが早かった気がします。マイナーだったものがブームになると、情報が増えて楽しいですね。浮かれっぷりがお恥ずかしいのですが、またブログには書かせていただきます。
 やっぱり2000年前に思いを馳せる歴史とは大違いというか……。まあ歴史やローマのブームは、「一日にしてならず」なので、地味にやっていきます(笑)
 コメントありがとうございました。
comment by: かのこ | 2011/08/24 12:47 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://caesaria.jugem.jp/trackback/555
TrackBacks: