スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

連載開始

 昔書いた小説をリライトしながらUPしています。
 勘違いしていた部分を直しながら推敲してるのですが、それでもヌケがあるかもしれません。
 今回の主人公はウィプサニアで、結構鬱ネタです。明るい性格に書き直してはいるのですが。

 どうしてもリウィアは嫌な義母さんになるし、アウグストゥスは言うまでもありません。
 でもこの夫婦は、息子の意見なんてどうでもいいのだと思います。別に恨まれてもいいし、慕われたいとも思ってない。しかし昔は家の決定に従うのが当たり前の習慣で、いちいち悲劇にするのも本当はおかしいのかもしれません。
 リウィアも、いつまでもニートやってた可愛い息子ちゃんに何でもかんでもお膳立てしてあげて皇帝の座につけて、これで幸せ〜なアホな(ここまで形容詞)、お母さんではなくて、「国家を担うのなら、責任取るところは取れ」と筋を通させている母親なんじゃないかと、自分の年齢になってくると思います。
 別に息子に愛されてなくてもいいんだよねこの人。「社会人として当然のことをしろ」と言ってるだけ。孫可愛さでどいつもこいつも堕落させたアウグストゥスよりも、リウィアは正しく厳しい母親だったのだと思えなくもありません。まあ私がティベリウスやウィプサニアだったらこんな母親、お断りですけど。アグリッパが死んだ後、あまりにも非道なことをやり過ぎましたね。

 ラストまで書いてありますが、手直ししながらなので時間かけながらUPする予定です。
 これで書き溜めてたものがなくなります。
 これまでにも増して、時代考証ってどこ? という感じになってまいりました。
 アグリッパもティベリウスも遠征行ってたりしてなあ……。
Author: かのこ
更新記録 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
明けましておめでとうございます!
・・・松あけちゃいましたが、やはり新年最初なので(苦笑)この挨拶でお許しいただければ・・・。

新年早々、新作連載、とはすごく嬉しいです!主役がウィプサニアってのも嬉しいですね。結末を知っているだけに、ちょっと辛いですけど・・・でも、やはり小さな幸せを感じてくれる、けなげなウィプサニアを見守って行きたいと思います。続きを拝読するのを楽しみにしてますね!
comment by: れこ | 2012/01/09 9:48 PM
こちらも本当に今頃ですが(笑)、新年おめでとうございます。コメントありがとうございます。

本当にウィプサニアの話は最初と最後が辛い? のですが、少々変な方向にですが、前向きなウィプサニアを描ければいいなと思います。
なんか現在「降りてきてる」というか、最終話に向けて書けそうな気になってきました。これを含めて合計3本でラストかな、という感じです。(これから書くのですが)今年もよろしくおつきあい下さい!
comment by: かのこ | 2012/01/10 11:45 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://caesaria.jugem.jp/trackback/584
TrackBacks: