スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

捏造中

 ネットで面白そうな小説の紹介を見て、読んだりしてます。日々のしんどさを忘れられるような作品に出会えるととても嬉しいのですが、それを言葉に出来てないのでアホな日記になってきたり、書くまでもないか、と消します。感動も表現できなくて、情けなくなります。
 それとあまりあらすじを書かないので、読んでる人には理解できないと思います。レビュー書く気があるなら、内容を適切にまとめられた方がいいと思うのですが。自分用の読書記録ですので意味不明です。感想書くのって難しい……。

 ちょっと、いやすごく嬉しかったことが。だらだらネットで検索してて引っかかったのですが、当サイトが登録してる小説検索サイトさんの、ランキングで投票して下さった人がいるらしい……(現在は圏外ですが)。
 小説をUPしていても感想を頂くこともほとんどないので嬉しい……(じーん)。

 最近、きちんと小説を書きたいと感じています。
 ネットにあげるために、火を通しきってないものを供しているような気がします。勝手にUPしているだけなので、自己満足になっているような気がしますが、じゃあ自分で満足してるかといえば、そうでもありません。制限はないはずなのに、正直やりたいことをやり尽くしてない気がします。今の路線でやってると、自滅しそうです。このジャンルで、この時代の話だからこそ読んで下さる方もいるのは存じていますが、だからこその制限も感じます。
 
 
 そのうちドン引きされるようなバカをやるかも知れません。
 自分の萌えは自分で供給しよう。
 その前に調べ物。メモメモ。


 ガイウス・カエサル 前20年〜後4年
 ルキウス・カエサル 前17年〜後2年
 

 前8年くらいには12歳と9歳
 前2年には18と15歳

 小ユリア  前19年〜後28年
 大アグリッピナ 前14年〜33年
 アグリッパ・ポストゥムス 前12年〜後14年 関係ないけどポストゥムスって「最後の息子」や「死後の子供」を意味するそうです。調べてウィキペディアで初めて知ったよ。(見てたとしてもスルーしてたと思います)。
 
 大ユリアはティベリウスが年金を停止して後14年に死亡というのは見るけれど、小ユリアはリウィアが後28年まで援助していた?
 それが出来るのなら、大ユリアの方もリウィアがぬかりなく気を遣ったと思うのですが。ティベリウスが「ユリアを援助するな」という制止は出来ないし、リウィアもいくらでも方法はあったはず。
 好意的に解釈するなら、リウィアが密かに援助はしていて、大ユリアは寿命や病気で亡くなったのだと思いたいなあ。だめかなあ。甘いかなあ。


 今までろくに調べなかったから、この子らの同世代の多さに正直クラクラする。
 ドルスス(ティベリウスの息子 前14年〜後23年)
 ゲルマニクス(前15〜後19年)
 クラウディウス(前10年〜後54年)

 
 さて、ユルスとルキウス・アントニウスはいくつくらいの設定がいいだろう。
ユルスが兄でルキウスは弟に決定しました。歴史ものっつーよりもはやオリジナル。
 主人公は小ユルス。黒髪巻毛。父親(祖父)似。ルキウス・ユリウス・カエサル・ウィプサニアヌスと同い年。前17年。
 弟のルキウスはマルケラ、オクタウィア似。金髪。大アグリッピナと同い年くらい。父の死亡時に少年だった、というのと一致するし。前14年。
 
 自分用メモ。
Author: かのこ
構想中 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)
 
 

スポンサーサイト

Author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://caesaria.jugem.jp/trackback/86
TrackBacks:
 思ったんだけども。  小ユルスとドルススの年齢差ないと、「家族の集い」のユルスとティベリウスの「子供はまだか」会話とか「おじちゃんお年玉」が成り立たない……。  もう少し考えてみます。
trackback by: 極東カエサリア 日記/更新記録 | 2006/10/26 11:47 PM